新着記事
最近のコメント
生徒さんの作品例 by 上澤 康史 (08/19)

2009年08月21日

十人十色の使い方。そこにたどりつくまでの道程は…

パソコンで音楽をすると言っても、様々な楽しみ方があり、10人いると10人とも違う使い方をしています。バンドやっている人、学校の先生、趣味で作曲する人、クラシックの大曲を本物のスコアを見ながら凄い時間をかけて入力する人、アマチュアの劇団の人でミュージカルの音楽を作っている人、歌が好きで自分の歌った作品をブログにして音楽活動する人、様々です。

現実的にパソコンで音楽をやろう!始めよう!と思うのは、かなり敷居が高いと思います。普通の楽器と違って買ってきたらすぐとりあえず始められるではなく、ソフトの選定や、周辺機材の購入、パソコンへの組み込み、接続、設定など等、ハードルが多くトラブルに遭遇するとお手上げ!になってしまいがちです。

DTM(コンピューター・ミュージック)の教室の門をくぐる人で以外と多いのが、買ったけど上手く動かない、操作が分からないというパターンです。多分、半分以上の方がそんなきっかけでDTM教室の門をたたきます。

話を聞いてみると、意外とプロ向けや高価なソフトを買って途方にくれる人が多いです。なんで〜を買ったのですが?と聞くと大抵「楽器屋の店員が薦めてくれた…」と答えます。

買ってしまった方に「買わなければ良かったですね!」とは間違っても言えません。なんとか使えるようにお手伝いしたいと思っていますが、とは言っても使った事にないソフトは、やはり良く分からないんです…。これは一般のツールと大きく違うところで、車だったら「×△□のメーカーのこの車しか運転できません!」ということは少なく、慣れれば違う車でもすぐ運転できるようになると思いますが、DTMのソフトはそうはいきません。メーカーによって設計や操作体系が異なり、用語もオリジナルものがあったりして、〜したいのだ・・・と分かってはいても目的の操作ボタンが発見できないと永遠に解決出来ないのですね。練習したら必ず上手くなる楽器はやはり素晴らしい!

音楽を楽しもうと思って買ったのに、なんで苦しまなければいけないのだ…って思うかもです。
もしもパソコンで音楽を楽しみたいと思ったらとにかく、やっている人に話しを聞くのが一番です。
私の教室では電話で困って相談してくる方とかいらっしゃいます。別に生徒にならなくても構いませんから遠慮なく聞いてください。分からないまま買ったけど使わっていないって人が多分、何割もいるのでは?と常日頃感じていますので。

楽器を買ったのに、箱を開けたら「楽器の組み立てキットが入っていた!」みたいな世界ですね。

続く。。




ラベル:DTM MIDI
posted by Neko at 14:20| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分あらたに…

ブログを持ちながらここのところずっと更新していませんでした。
ホームページをリニューアルしたのに備えて、ブログ更新を再開したいと思います。
しばらくはペースもつかめませんが、DTMの事、音楽の事、生徒さんの作品の公開等行っていくつもりです。

今後ともよろしくお願いします。 上澤 康史(うえさわ やすし)
posted by Neko at 01:16| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。